グランピングを楽しむコツ

前のページへ戻る

豪華なキャンプ

グランピングは今までのキャンプとはちょっと違います。グラマラス+キャンプをあわせた造語で、快適で贅沢なキャンプのことです。

普通、キャンプといえば用具を一式、食事の材料の準備、テント設営、あと片付け、すべて自分たちで行うのが基本です。

狭い寝袋、トイレもなんだか汚いし、道具も揃えないといけない。不便なことこの上ないです。自然に囲まれた時間を過ごすのでですから、まあ、それがキャンプの醍醐味といえばそうなのですが。

これからはちょっと違います。グランピングでは贅沢なキャンプを楽しむことができます、ゴージャスな環境の中で優雅に自然を楽しもうというのです。

コテージがすでに設営されていて、食事も用意されている、トイレも冷暖房も完備しています。中には食事を準備してくれるサービスもあります。

手軽にキャンプを楽しもう

グランピングはその気になれば手ぶらでも大丈夫かもしれません。宿泊・食事がセットで用意されているので持ちものは最低限ですませることもできます。

ホテルに泊まる感覚で自然の中で遊ぶことができます。もちろん最低限の身の回り品はもっていったほうがよいでしょう。

泊まる所もコテージやキャンピングカー(アメリカ製の本格的なもので、トイレ、シャワー、冷暖房完備です)など、いろいろから選択でき、食事の種類も選ぶことができます。なんとバーベキューの肉の種類まで選ぶこともできたりします。

普通のキャンプにくらべて設営・片づけなどに時間がとられないのも魅力ですが、その余った時間で、ラフティングや他のレクリエーションを楽しむこともできます。

例えば、伊勢志摩にある「伊勢志摩エバーグレイズ」という施設では、川沿いにコテージがあり、プライベートラグーンでボート遊びを誰にも気兼ねなく満喫できます。

オールナイトの野外音楽フェスでグランピング

野外フェスといえばキャンプがつきもので、そこでグランピングを楽しもうというわけです。長野県の「TAICOCLUB’16」ではその両方を同時に体験することができます。

もちろんテント設営、キャンプファイヤーの準備なんでいりませんし、なかにはキャンプサイト専用のバーもあったりします。ここまでくるとホテルに泊るのとほとんどかわりませんね。

豪華な環境で、野外でビールを飲みながら、音楽を堪能する。そんな贅沢なキャンプ「グランピング」を体験してみてはいかがでしょうか。

大人のキャンプ「グランピング」

皆さんのもつキャンプのイメージってどんなものでしょうか。みんなでワイワイとテントを設営し、食事を作って、お酒を飲んでバカ騒ぎをする。
でも次の日の朝はぐったり疲れた体で朝ごはんを作って、テント等のあと片付けをする。

これからはそんな忙しいキャンプはやめにして、のんびりした大人のキャンプを楽しみませんか。

まず、道中から。のんびりとキャンプ場へ向かいます。寄り道をして道の駅などにより、最初にお土産をかってしまうのもいいかもしれません、

夕方になってキャンプ場に到着します。さあ、日が沈む前にテント設営しなきゃ、食事の準備を・・・。なんてことはグランピングでは不要なんです。

道中をのんびりと過ごし、キャンプ場についたら、沈んでいく夕日を見ながら
さっそくビールでも飲みましょう。

ボーっとした時間をすごしたら、すでに食事の準備が出来ていますので、本格的に夕べの宴にはいります。
やっぱりキャンプファイヤーじゃないとキャンプじゃないという人もいるでしょう。

そんな人のためには、もちろん、キャンプファイヤーの準備もできています。火をつければ終わりです。

キャンプ遊びも変わる時代がきたのかもしれません。
豪華ホテルの設備でキャンプをする「グランピング」を実感してみませんか。