グランピング・プレスは、快適でかつ便利な「豪華キャンプライフ」を、より楽しむためのグランピング情報サイトです。

大樹町で北海道ならではのグランピングを満喫♪

前のページへ戻る

グランピングでの自然

MEMU EARTH HOTEL

昨年、旅行好きの大阪在住の友人から、大樹町にあるMEMU EARTH HOTELに泊まっていみたいと言われて、その時初めてラグランピングの事を知りました。私は、北海道生まれですが、虫が苦手なのでアウトドアでキャンプをするのが嫌いで、キャンプは子供の時以来したことがありませんでした。でも、友人の話を聞くと、重いテントを用意したり、寝袋で寝る必要もなく、自分たちで食材も用意しなくても美味しい料理が食べられる、と聞いて興味が湧きました。札幌から車で約3時間のドライブで、帰りに富良野に寄って観光するプランを8月の下旬にすることにしました。

海に近いのどかな街

施設の場所は、帯広の近くにある大樹町です。海に近いので、海でのんびりすることもできます。それに場所柄、乳製品や野菜など美味しいものが沢山あります。友人を千歳空港まで車で向かいに行き、そのまま出発しましたが、途中新得町で休憩をして、新得そばを食べたので、到着したのはお昼過ぎでした。夏なのに、札幌よりもひんやりとした気温で、長袖が必要なくらいでした。MEMU EARTH HOTELは、1日限定5組しか宿泊することができないので、広大な緑の中、人がぽつん、ぽつんとしかいなくて、静かにのんびり過ごすことができる場所でした。

美食の土地・北海道での夕食

晩ご飯は、外で道産の野菜や肉を作ったグリルや、スープなどが出て非常に美味しかったです。肉は、自分たちで焼いて食べるので、キャンプ気分が味わえますし、焚火の炎と満点の星空を眺めながらの食事は最高でした。施設のそばには、コンビニが無いので、来る途中コンビニで飲み物などを用意しておくことをおすすめします。宿泊したテントは、天井が高く中にシモンズ製のベッドが配置されていて、夜でも寒い思いをせずに快適に過ごすことができました。お風呂とシャワーは、別棟へ移動して利用する必要がありますが、レセプションルームなどが一々、お洒落で素敵な建物だったので、楽しい体験となりました。次の日は、晩成温泉に入りに行ったり、大樹町のB級グルメチーズサーモン丼を食べたりして、大樹町を満喫しました。帰りに富良野に寄って帰りましたが、富良野は観光客が多くて落ちかなかったです。

友人との旅行にもお勧め!

友人に、北海道に住んでいて、今までで一番、北海道らしい過ごしかたをすることができた、と言ったら笑われました。いつも、北海道に友人が道外から遊びにくると、どこに連れて行ったらいいのか困っていましたが、今度からはおしゃれにグランピングを楽しめる所に連れて行こうと思います。