沖縄の屋我地島でのグランピングを今年の夏に楽しんできました

前のページへ戻る

沖縄の海

今年の夏、10月と11月の2ヶ月間のあいだ、以前私がホームステイで滞在していた韓国のホストファミリーのご一家が初めて日本に来た為、沖縄の屋我地島にて韓国人の友人女性と友人男性の7人パーティーで生まれて初めてのグランピングを体験してきました。

出発は10月中旬

グランピングは10月の中旬、4泊5日での日程で行ったのですが、屋我地島にオープンしたばかりのグランピング施設はすべての設備が真新しく、またサファリスタイルとベルスタイル両方のテントも施設内には多数設置されていた為、女性陣4人はベルテント、男性陣3人はサファリテントにて屋我地島でのグランピングを満喫しました。

屋我地島は那覇空港から国道58号線を北東に100kmほど進んだ場所に位置しており、古宇利大橋で有名な古宇利島の手前、橋のすぐそばにあるエリアでもあります。

キャンプエリアは芝生

今回のグランピングでは、屋我地島のビーチリゾートの近くのキャンプエリアに常設されているテント内にて宿泊したのですが、施設内は非常に手入れされており芝生がキャンプエリアに美しく生えそろっており、裸足で歩いてもまったく足の裏が痛くなく、グランピング中は参加者全員がほぼ一日中裸足かビーチサンダルでキャンプエリア内を歩いていました。

屋我地島でのグランピングでは観光スポットとして有名な古宇利大橋にオープンカーをレンタルして古宇利島へ渡った以外にはすべて屋我地島のグランピング施設内にて過ごしました。

マリンスポーツもしっかり楽しめます!

私たちが訪れた2017年10月の前月、9月にオープンしたばかりの屋我地島のグランピング施設はアクティビティの数が豊富に取り揃えられており、シーカヤックを操って屋我地島から美ら海の美しい水面を流れるように進んだり、ビーチにてレンタル可能なバドルボートに男女チームで乗り込んで大はしゃぎするなど、童心にかえったような気分でアクティビティを楽しむ事が出来ました。

シャワールームも完備

グランピングの施設内には各テントごとに水洗トイレとシャワールームが付設されていた為、日中の海水浴やアクティビティで汗をかいたり汚れた時には各々が自分のシャワールームで身体を洗い、さっぱりした後はグランピング施設内にあるサンセットビューを望む事が出来る特設のウッドデッキスペースでリラックスしながら絶景の夕日を眺めるなど、一生の思い出に残る美しい沖縄の海の景色を楽しむ事が出来ました。

今回がグランピング初体験となった韓国人の友人女性たちも、「また機会があれば沖縄に来てグランピングを楽しみたい」と話すなど、世界共通の楽しさを満喫出来るグランピングを彼らを招待するレジャーに選んで本当に良かった、と感じました。

編集部 担当デスク A