自然を五感で感じ、自然に癒される  プレミアムなひとときを楽しむ屋外ディナー  「アルプス山岳郷EVツーリズム 乗鞍 星と月のレストラン」 株式会社信州未来づくりカンパニー

前のページへ戻る

松本市乗鞍地区は、豊かな自然に囲まれた、癒しの宝庫。耳を澄ませば、風のそよぎ、虫の声、水のせせらぎが静かに聞こえてくる場所です。株式会社信州未来づくりカンパニーが、そんな乗鞍の会場で信州産を使った屋外ディナーを楽しむことができる「アルプス山岳郷EVツーリズム 乗鞍 星と月のレストラン」を2017年10月31日(火)まで毎日開催いたします。
日産の電気自動車(EV)の電源を活用することで、大自然の真ん中にいながら、電気を使ったプレミアムな演出やおいしい料理を堪能できます。EVならではの静けさで自然の音がBGMとなります。暗くなれば、天候に恵まれると月光や星の瞬きが夜空を彩り、いつまでも眺めていたいほど心洗われます。自然を五感で感じながら、自然に癒されるプレミアムプランです。

乗鞍 星と月のレストラン

<ディナーイメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/135547/img_135547_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/135547/img_135547_3.jpg

会場となる乗鞍地区はこれまでスキー・スノーボードといったスポーツレジャーが中心の観光地で、ピーク時から比較すると5~6割程度まで観光客数が減少しており、観光客の拡大が大きな課題となっています。今回、中部山岳国立公園という豊かな自然を有する乗鞍で、EVを活用して環境にも配慮しながら新たな体験型観光を立ち上げることで、これまでと違った視点で乗鞍の魅力を体感していただき、地域の交流人口拡大・雇用創出、移住・定住促進をめざしています。

【プログラム概要】
■開催期間
2017年10月31日(火)まで毎日開催

■タイムスケジュール
1) 18:00~:各宿から会場まで移動
※各宿から当日の担当コンシェルジュが会場までお連れします。
2) 18:10~:会場に到着
3) 18:30 :信州プレミアム牛トマトすきしゃぶ鍋スタート。
※お時間までウェルカムドリンクをお楽しみください
4) 20:20 :食事がひと段落したところで、夜空鑑賞タイムへ
5) 20:30 :夜空鑑賞&コンシェルジュによる解説
6) 21:00 :終了・解散
※担当コンシェルジュがお客様の各宿までお送り

■お申込方法
信州未来づくりカンパニーwebサイトのプログラムページよりお申し込み下さい。
http://shinshu.miraidukuri.jp/program/alpsev/

<販売価格>
大人1名:25,000円(税込)
(チャージ代・信州プレミアムすき焼きディナー・ドリンク飲み放題(信州産クラフトビール・ワイン・日本酒・ソフトドリンク各種)・コンシェルジュサービス料・保険代)

最少催行人数:2組(計4名以上)~

※ビール・グラスワイン・ソフトドリンクは料金に含まれています
※一部アルコールは別途現地決済(カード決済のみ)
※12歳以下のお子様はご参加いただけません
※本プログラムのご参加は、乗鞍・白骨温泉ご宿泊の方限定です

<キャンセルについて>
・本プログラムのお申し込みは、インターネット上でのカード決済のみとなります。
・天候や災害、事故等の事由でプログラムの催行ができなかった場合のみ返金致します。
・雨天によりプログラム内容が一部変更になる場合は次回優先予約+参加料3割引ができるチケットをお渡しします。

■乗鞍の最大の魅力である自然をフルに楽しむ体験デザイン
乗鞍地区は、スキー・スノボといったレジャースポーツが魅力の観光地。ところが若者のスポーツ離れ、団塊世代のレジャースポーツからの引退、しかも、首都圏の車離れにより、観光客は激減していました。一方で、私たちの調査や経験では「自然」「癒し」「温泉」「食事」といった観光へのモチベーション項目は非常に高く、この項目を満たす可能性を乗鞍地区は持っていたのです。この可能性を最大限引き出し、観光体験をデザインすることが私の役割でした。

自然の中で癒され、美味しい食事とお酒を楽しみ、イベントとしての屋外レストランという厳しい環境にも関わらず高いクオリティで提供することを目標としました。自然の中で快適に食事するためのグランピング用テント、地元の食材を活かすためのメニューの考案、さらには電気自動車を活用することでプレミアムな演出と自然の音を楽しむ静寂性の両立、そして、癒しを倍増するコンシェルジュたちの対応など、お客さまが満足できる体験をデザインできたと考えています。

自然の景色や天気によって変化する環境、夜空、星、月、雲のカタチを楽しむ。自然の中で信州産の食材を使ったオリジナルメニューやワインなどの信州産のお酒を味わう。澄み切った空気と草や森の香りを感じる。風の音や虫の音、水の音、時には雨の音をBGMに家族や恋人、友人と語り合う。

私たちの体のどこかにある太古からつながっているDNAを、乗鞍「星と月のレストラン」での体験は呼び覚まします。そして、改めて自然への畏敬の念を持って、人間は自然の一部だと感じることで、精神的にも肉体的にも癒され、明日への活力が生まれる。そんな体験デザインを目指しました。愛する人たちとあなたも、語り合い、次の夢を思い描きましょう。ラッキーな人には、その夢を流れ星に願うチャンスも。

ビジネスプロデュース・体験デザイン:大羽 昭仁

■乗鞍の最大の魅力である自然をフルに楽しむ体験デザイン
観光体験の中でお客さまにとって重要なのが食事です。日本の多くの地域に言えるのですが、大変良い食材はあるのに美味しい料理を提供できていないのが現実です。これからの観光を考えると一つの要素ではなく様々な行きたくなる要素の掛け算が必要と考えます。料理メニューの開発は、食通の方にも満足して頂けるように堀先生にレシピを依頼。さらには星と月のレストランのシェフである乗鞍地域のペンションや民宿の女性たちに料理教室を行うなど、まさに地元と私たちとのコラボレーションで完成したものです。地元のクラフトビールやワインと、信州プレミアム牛のトマトすきしゃぶ鍋が絶妙にマッチし、目でも舌でも癒される体験となっています。

<信州プレミアム牛のトマトすきしゃぶ鍋>
https://www.atpress.ne.jp/releases/135547/img_135547_4.jpg

■前菜
(1) 信州サーモンとアボカドの塩麹和え イクラのせ
(2) 人参とレーズン、クコのマリネ
(3) リンゴとじゃがいも、セロリのサラダ
(4) 本日の一品(地元料理)

■信州プレミアム牛のトマトすきしゃぶ鍋
信州牛 200g(リブロース・モモ)
野菜(トマトまるごと1個・レタス・水菜・しめじ・えのき・玉葱・生姜・ハーブ)

■〆ソバ 山形村名物やまっち風そば

■デザート 波田産スイカのジュレ

【メニュー監修】
堀 知佐子先生
https://www.atpress.ne.jp/releases/135547/img_135547_5.jpg

群馬県桐生市出身。栄養士。2008年に白金高輪にてアンチエイジングをコンセプトとしてレストラン「リール」を開業。「食べ物が身体を作る」をコンセプトにメニューを構成し、新しい形のレストランとして注目を集め、様々な分野で活躍中。

2010年   :株式会社菊の井の常務就任
2012年   :高知県観光特使任命
2013年9月 :調理指導師協会を発足
管理栄養士や栄養士、医療従事者の調理技術向上を目的とした
調理指導と栄養指導の資格を持つ専門職の育成を図る。
2015年   :千駄ヶ谷にて「ル・リール」を開店
2016年4月~:新渡戸文化短期大学客員教授に就任

■地域DMO・民間・行政・地域住民が一丸となって取り組むプログラム
本プログラムは、松本市の地域DMOである一般社団法人松本市アルプス山岳郷と株式会社信州未来づくりカンパニーが連携し、乗鞍の地域住民が主体となって運営しています。毎回の会場設営~お客様をお迎えするコンシェルジュ、会場の撤去まで、すべて地域住民が担当。料理も、堀 知佐子先生監修により考案されたメニューを、地元の女将さんたちが手間をかけて毎回お作り致します。環境に優しく、電気を使った演出を可能にする電気自動車e-NV200は日産自動車から期限付きで貸与していただいたもの。長野県からも本プログラムの実施に対して支援をしていただいており、まさに関係者が一丸となって取り組んでいます。プログラム全体を通して、人・モノ・自然全ての魅力が詰まった体験をご提供します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/135547/img_135547_6.jpg

■株式会社信州未来づくりカンパニー
信州未来づくりカンパニーは、
信州の山岳資源に根付く文化、地域に眠る価値を活かし、
そこに暮らす人とともに、豊かで幸せな未来を育てていきます。
信州未来づくりカンパニーは、2017年6月に株式会社ステッチ 未来づくり事業部の地域会社として設立した会社です。少子高齢化や人口減少、地方の産業衰退等の社会課題が山積する日本の地域。地方創生において地域資源を活かした観光産業の育成が注目されています。観光産業が育つことで、地域経済の循環、雇用促進、その先の移住・定住促進といった様々な課題の解決につながっていくと考えられるからです。私たちは、できるだけ今ある資源を活用しながら、地域の人たちと共に、地域が「稼ぐ観光」を実現できるようにサポートしていきます。特に信州地域においては、南アルプス・中央アルプス・北アルプスと3つのアルプスに囲まれ、自然という宝物があります。古くから山とともに暮らしてきた信州だからこそ自然を楽しみ、自然を守り、自然を学ぶことのできる観光体験が提供できるはずです。信州未来づくりカンパニーは、そんな信州の自然を活かしながら、信州の魅力を体験し、癒され、そして明日への活力につながる事業を展開します。これまでの物見遊山的な観光ではなく、地域の魅力を“体験”することで、信州の新たな地域価値創造につなげ、交流人口の拡大、産業化の実現、雇用の創出、将来的な移住・定住へとつなげ、信州の未来を育てることを目指します。

編集部 担当デスク B