【Prince Resorts Hawaii, Inc.】 ハプナビーチプリンスホテルにバリューアップ投資を実施 米国市場を見据え、新たに「ウェスティン」ブランドに加盟し、新名称「ザ ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート」として2018年2月より営業開始

前のページへ戻る

当社の連結子会社であるプリンスリゾーツハワイインク(本社:米国ハワイ州)では、 ハワイ州ハワイ島で運営する「ハプナビーチプリンスホテル」が、 ウェスティンホテルマネジメントLP(本社:米国デラウェア州)と締結したフランチャイズ契約に基づき、 スターウッドグループが展開する「ウェスティン」ブランドに加盟いたします。 また、 「ウェスティン」ブランドへの加盟を契機に、 約46百万ドルを投じて全面バリューアップ投資を実施し、 2018年2月より、 ホテルの名称を「ザ ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート」に変更して営業いたします。
「ウェスティン」ブランドへの加盟により、 スターウッドグループが米国を中心として世界中に擁する会員顧客(約2,100万人)へのアプローチが可能となることに加え、 隣接するマウナケアビーチホテル(プリンスリゾーツハワイインク運営)との連携で、 お客さまに多様かつラグジュアリーなサービスを展開してまいります。
なお、 2016年8月19日に公表したとおり、 ハプナビーチプリンスホテルでは、 バリューアップを企図して資産の一部を売却いたしました。 今回、 ハワイ事業で進めている“新ビジネスモデル”の一環として、 当該売却により得られた資金を活用してバリューアップ投資を実施するとともに、 主たるマーケットである米国に強い「ウェスティン」ブランドに加盟いたしました。

ハワイ州ハワイ島への渡航者は年々増加傾向(ハワイ州観光局による)にあります。 また日本からも日本航空がコナ直行便の就航を予定しており(2017年9月)、 さらに渡航者の増加が見込まれております。
ハワイ島への来島者の内訳を見ると、 その約85%を米国本土からのお客さまが占めており、 ハワイ事業では、 米国での認知度向上が喫緊の課題となっていました。 この度の「ウェスティン」ブランドへの加盟は、 米国への一層の訴求を狙ったものであり、 スターウッドグループが擁する会員顧客への新たなプロモーション活動などにより、 新たなハイエンド顧客の獲得を目指してまいります。

今回のバリューアップ投資は、 同ホテルの全面的な大型改装であり、 ロビー、 客室、 レストラン、 ラウンジ、 さらにはプールの増設、 フィットネスセンターの移設、 ホテルから海へのアプローチ導線の整備などを含む大規模なものとなります。 改装工事は、 2017年8月下旬から2018年6月までおこないます。

ホテルの名称変更は2018年2月を予定していますが、 これに先立つ2017年9月25日より、 スターウッドグループのインターネットサイトや予約センター経由で、 同ホテルの宿泊予約ができるようになります。 引き続き、 当社グループの “ブランドリーダー”として、 お客さまの多様なニーズに、 より一層幅広く対応してまいります。

###

施設について
1.ロビー
全面に海が広がる解放感あふれるロビーには、 ハプナの語源である「生命の泉」を表現した彫刻が配置され、 よりリゾート感あふれる快適な空間に生まれ変わります。

2.客室
ラグジュアリーな北米富裕層のニーズに対応し、 全面改装いたします。 デザイン性の向上に加え、 機能的にも充実した客室に生まれ変わります。 客室タイプも、 スタンダードタイプ、 中庭へのアクセスが付いた地上階のお部屋、 スイートルームなど、 バリエーション豊富になります。

 

3.リゾートエリア
中庭に、 新たにインフィニティープールを増設いたします。 ロビー、 レストランからの導線を整備し、 プール、 ビーチへのアクセスをより便利にいたします。

プリンスリゾーツハワイインクについて
プリンスリゾーツハワイインクは、 オアフ島にプリンスワイキキとハワイプリンスゴルフクラブ、 ハワイ島にハプナビーチプリンスホテル&ゴルフコースとマウナケアビーチホテル&ゴルフコースといった、 三つのラグジュアリーホテルとゴルフコースを、 ハワイ州の 二つの島にて運営しております。 プリンスリゾーツハワイインクは、 オーシャンフロントのホテル、 チャンピオンシップコースのゴルフ場、 心のこもったハワイのおもてなし、 素晴らしい料理の提供を、 特徴としております。
詳細はウェブサイト(www.PrinceHotels.co.jp/hotels_resorts/area/kaigai.html)をご覧下さい。

以 上

 

 

編集部 担当デスク C