グランピング・プレスは、快適でかつ便利な「豪華キャンプライフ」を、より楽しむためのグランピング情報サイトです。

【株式会社ティムコ】 ■山の日直前、夏休みを楽しむために虫対策!「本当にこわい虫ランキング」2位はマダニ、1位は最近話題のヒアリ!

前のページへ戻る

10年目の防虫ウェア「スコーロン(R)」シリーズから、抽選で現金10万円があたるキャンペーンを記念したアンケート結果発表。アウトドアブランド「Foxfire(フォックスファイヤー)」を展開する株式会社ティムコ(本社:東京都墨田区菊川3-1-11、 代表取締役社長:酒井誠一)では、 10シーズン目に突入した高機能防虫素材スコーロン(R)シリーズへの日頃のご愛顧に感謝して、 抽選で現金 10 万円が当たるキャンペーンを開催中です。 このたび、 キャンペーン開催を記念して、 虫対策についての関心度とこわいと思う虫についてのアンケート調査を実施いたしました。

■1位は最近話題の「ヒアリ」!

日本への上陸が確認されニュースなどでも話題の 「ヒアリ」が 1 位に。 近年、 感染症による国内での死亡例が報告されている「マダニ」が 2 位にランクインしました。
また、 一番身近な虫であることからか、 毛虫やクモよりも蚊がこわいという意見の方が多くみられました。

 

■日常的に被害にあっている人が多数!
アウトドアや登山、 花火大会など特別なシーンではもちろん、 仕事の帰り道やガーデニングなど日常の中で虫の被害にあったエピソードが多く見られました。

■日常的に防虫対策をしていない人が79%!
エピソードにはアウトドアシーンから日常の虫被害まで多く見られましたが、 実際に日常的に防虫対策をしているのは全体の約2割で、 残りの人は日常的に防虫対策をしていないという結果になりました。

■10年目のスコーロン(R)シリーズから現金10万円プレゼント
フォックスファイヤーが2008年から開発してきたスコーロン(R)素材のウェアは、 いよいよ10シーズン目へ。 日頃のご愛顧に感謝して、 WEBサイトから応募していただくと、 抽選で現金10万円を2名様にプレゼントします。 (※どなたでもご応募可)
さらに、 Wチャンスとして防虫素材スコーロン(R)を使用したフォックスファイヤーのおすすめアイテムを、 抽選で10名様にプレゼントいたします。
・応募期間 : 2017年5月19日(金)~8月31日(木)

■Foxfireスコーロン特集サイト  http://www.foxfire.jp/scoron/

■<着る防虫>防虫素材スコーロン(R)
スコーロン(R)とは、 帝人フロンティアとアース製薬が共同開発した、 繊維に虫を寄せつけない特殊な加工を施した素材で、 テレビや新聞など多数のメディアに取り上げられ大きな注目を浴びています。
高い防虫機能・洗濯耐久性に加え、 UVカット機能をプラスした防虫素材で、 フォックスファイヤーでは不快な害虫が生息する場所での活動に適したウエアやギアなどを2008年より展開しています。 そのアイテムは幅広く、 シャツ、 カットソー、 Tシャツ、 パンツ、 ハット・キャップ、 グローブ、 アームカバー、 レッグカバーなど多岐にわたり、 今シーズンは全60アイテムをラインナップ。 アウトドアブランドNo.1を誇り、 全身纏うことが可能です。 使用フィールドは、 アウトドアアクティビティにとどまらず、 海外旅行やガーデニング、 キャンプ、 犬の散歩など、 多岐にわたっています。

<スコーロン(R) 3つの機能>

○防虫機能 …生地表面にとまった不快な虫は、 触角と足の先にある感覚器でスコーロンを感知し、 逃げてゆきます。

 ○洗濯耐久性 …洗濯耐久性を飛躍的に向上。 初期性能で90%以上、 洗濯20回後でも80%以上の防虫効果を維持します。 (アース製薬社内測定値)

○UVカット機能 …身体に有害な紫外線をカットする効果があります。

SCグラデチェックシャツL/S ¥12,000+税(Men’s)

SCフーディL/S ¥9,800+税(Women’s)

SCイージーパンツ ¥12,000+税(Men’s)

SCリラックスアームカバー ¥3,700+税(Unisex)

SCフィットグラブForTouchScreen ¥3,900+税(Unisex)

■お問い合わせ先: 株式会社ティムコ アウトドア部  TEL. 03-5600-0121 (担当:菅野・松下)
■Foxfire WEBサイト: http://www.foxfire.jp

 

1982年フォックスファイヤーは誕生。 日本のフライフィッシングブランドのパイオニアとして、 トレッキングやネイチャーフォトなど幅広いラインナップを揃えるアウトドアブランドへ発展。 テーマは「クワイエットスポーツ」で「自然との融和」「自然との共生」を信念にもっています。