グランピング・プレスは、快適でかつ便利な「豪華キャンプライフ」を、より楽しむためのグランピング情報サイトです。

贅沢なキャンプ、グランピングを体験して

前のページへ戻る

グランピングの宿泊施設「コテージ」

東北でのグランピング

グランピングとは、グラマラスとキャンピング(キャンプをすること)を組み合わせた造語です。
高級ホテルのような贅沢な空間で、自然の魅力を存分に味わうことができるグランピングは、流行に敏感な人たちの間で人気です。

自然と距離が近いことが特徴ですが、不便なことは少なく、虫などの心配もしなくていいので安心です。

私がいままで行ったことのある、お勧めの東北のグランピング会場を紹介していきます。

アオーネ白神十二湖

青森にある「アオーネ白神十二湖」は、本格的なフィンランド風ログコテージに宿泊できるということで人気を集めているスポットです。

コテージは北欧アカマツで建てられていて、北欧風の雰囲気が好きな方にはぜひお勧めしたいです。十二湖駅、白神岳登山口といった場所からの無料送迎バスも運行しているので、利便性もあり観光のついでに泊まるのもいいかもしれません。
私は白神岳登山をしたあとアオーネ白神十二湖に宿泊しました。

バーベキュー場やアウトドア施設もあるので、アクティブに余暇を楽しみたいタイプの私も非常に満足しました。また、温泉もあるので、とてもリラックスした時間を過ごすことができました。

羽鳥湖高原レジーナ

もうひとつのお勧めスポットは、「羽鳥湖高原レジーナ」です。

これは福島にある宿泊施設なのですが、グラマラスという言葉がぴったりなとても贅沢な空間になっています。那須連山に囲まれた土地は東京ドーム個分もあります。
コテージは四種類あり、何度行っても違う楽しみがあります。

私が泊まったことのあるのは、「ドームコテージ オルサ」、「バケーションヴィレッジ」、「レイクサイド ヴィラ&いぬのきもちコテージ」です。

ドームコテージ オルサは、珍しい半円形の形をした小さなコテージです。バケーションヴィレッジは家族で走り回れる広さが魅力でレイクサイド ヴィラ&いぬのきもちコテージはいぬと一緒に宿泊できます。

私は三回羽鳥湖高原レジーナに宿泊したことがあるのですが、カナディアンカヌーやフィッシング、グラウンドゴルフ、サイクリングなど様々なアクティビティを楽しめるスポットがあるので、毎回退屈せずに満喫することができました。

また、湖を一望できる全面ガラス張りのレストランもあり、湖の魅力を最大限体感できる場所となっています。
「彩光の湯」という、美肌や若返り効果のある温泉もあります。私がここに泊まった際は、現実から切り離されたようなリフレッシュしたひとときを過ごすことができました。