羊蹄山を一望できるビューサイトでグランピング!

前のページへ戻る

羊蹄山を一望できるビューサイトでグランピング!

あまり好きではなかったキャンプ

昨年の夏休みに、「家族でニセコにキャンプをしに行こう」と、夫が言い出した時は、「無理、無理」と、思っていました。中学を倶知安で過ごした私は、自然以外何も無かった田舎暮らしが嫌で嫌で堪らなかったんです。

それに、中学に入るまでスキーをしたことが無かった私にとって、ニセコや比羅夫は苦い思い出しかありませんでした。

予想以上に魅力的

そんな場所で、テントも持ってないし、キャンプなんてやったこともないのに、どうやってテントを張ったりする訳?と、不満げに言う私に夫が、「グランピングだから大丈夫だよ」と、言いました。自分達でテントを張ったり、火を起こしたりする必要がないから、疲れないし荷物も最小限で済むから楽なんだと教えてくれました。

「え~でも、シャワーとか汚いんじゃない?」と、渋る私に「車で、五色温泉に行けばいいし、トイレは水栓トイレが設置されているから大丈夫だよ」と、教えてくれました。
それに、昔と違って最近のニセコは、カヌーなどのアクティビティが充実しているし、食事ができるカフェやレストランも充実しているから楽しいのだそうです。

予約をしたグランピングの場所は、ニセコにあるセゾンクラブの風の谷キャンプ場というところで、釣り堀やセグウェイで遊べる森などがありました。

場所は、札幌から車で2時間ちょっとなので、当日の朝11時頃に出発して13時過ぎに到着すると、ちょうどチェックインの時間となるので、朝はゆっくり9時頃に起きることができました。

キャンプ場は、羊蹄山が見える眺望の良い場所で、緑が鬱蒼として涼しかったです。管理施設は、ウッディでお洒落な建物で、清潔感がありました。

食事もテントも大満足

泊まったキャンプは、家族3人では大き過ぎるサイズでしたが、ペットの犬を連れて行ったので、テントの中で犬が走りまったりしても平気でした。お昼は、施設内にあるカフェで、ビーフとアボガドのハンバーガーを食べたんですが、とても美味しかったです。

夫と息子は釣り堀で釣りをして、私は犬の散歩をしに周辺を散策して午後を過ごしました。夜は、夫と息子が釣ったニジマスと、道の駅で購入した野菜やお肉などをキャンプ場内にあるグリルで焼いて食べました。

食後は、温泉に入りに行って、帰りに近くにあるコンビニで飲み物を買って家族で、星を眺めながらのんびり過ごしました。

寝る時の寝袋はレンタルしました。次の日は、チェックアウトして尻別川でカヌーツーリングに参加してから車で帰りました。子供は、今度来た時はツリーハウスに泊まりたいと、大満足の様子でした。私も、嫌いだったニセコが大好きになりました。

編集部 担当デスク B