グランピング・プレスは、快適でかつ便利な「豪華キャンプライフ」を、より楽しむためのグランピング情報サイトです。

栃木県にもあったグランピングを楽しめるキャンプ場

前のページへ戻る

グランピングの夜のテント

栃木県のサンタヒルズ

栃木県の避暑地として有名な那須にグランピングに相応しいキャンプ場を発見。その名も「サンタヒルズ」。宿泊施設完備のキャンプ場で、カフェや雑貨ショップもあるので、女性にも大人気です。

テントキャンプを楽しみたい人にはテントなどのキャンプ道具一式のレンタルもあります。近場の温泉を利用すれば、たいした荷物を持っていく必要もありません。

すべてが手作りといわれる、大小様々な20棟のコテージが建ち並びます。コテージにはランクがあり、高級コテージからカジュアルなコテージまで、団体100名にも対応しているので、学校などでの利用も大いにおすすめです。

キャンプ場内の楽しみ方は様々。いくつかご紹介してみましょう。

Komoreb

「Komorebi」は、山小屋の雰囲気を醸し出す外観が可愛く、店内はコテージの木の温もりに溢れた空間です。オーガニック食材を使ったヘルシー料理が得意で、手作りの食器に盛り付けられ運ばれます。ランチセットが人気で、Aセット、Bセット、1,300円~1,600円ほどになっています。ちなみに、ドッグメニューもあり、「ささみとキャベツのコンソメ煮」がSサイズで300円となっています。ペット連れの人には嬉しいニュースですね。

陶芸教室

信楽の粘土で陶芸を作る教室です。インストラクターが丁寧に指導してくれるので安心。マグカップや湯飲み、大皿、箸置きあたりの作品を作る人が多いようです。粘土を形作っていくので、個性がでて、ハンドメイドの温もりに溢れた、けっして美しいとはいえない、味のある作品が完成するでしょう。

ジェルキャンドル作り体験

セリーの様な柔らかさでキャンドルらしくないキャンドルを作る教室です。アロマオイルで香りづけして完成です。口に入れても大丈夫な材料を使っているそうなので子供の参加も安心ですね。

いずれも予約してから行きましょう。

気になる料金

キャンプ場の利用には次の料金が必要です。

テント持ち込みのグループは、サイト利用料として4,000円がかかります。そこに、施設利用料大人800円。大人2人、子供2人だと6,400円ほどで楽しめることになりますね。

コテージに泊まるグループは、店員4名の12,000円から、サンタクロースの家(定員17名)24,000円までグレードが分かれます。この場合、施設利用料は必要ありません。

キャンプ日帰りの場合は、キャンプ料を大人800円、子供400円払えばOKです。日中だけコテージを利用することもできます。

一度は泊まってみたいと人気なのがツリーハウスです。空中に存在するロマンチックな空間です。内装も豪華で可愛くデザインされ、非日常を楽しめます。