グランピング・プレスは、快適でかつ便利な「豪華キャンプライフ」を、より楽しむためのグランピング情報サイトです。

初体験のグランピングで私が感じたいくつかのポイント

前のページへ戻る

海の上のグランピング

人生初のグランピング!

私は2016年の10月に沖縄の屋我地島に出来たグランピング施設にて韓国人の友人と共に人生で初めてのグランピングを体験したのですが、人生で初めてのグランピングを体験した事で得られた「グランピングの醍醐味」や「グランピングに必要なアイテム」などを今回お話をさせていただきたいと思います。

私がグランピングをしようと思ったきっかけは、以前沖縄県に観光旅行とスキューバダイビングを楽しむレジャー旅行で訪れた際に沖縄のリゾートホテル内のエリアにある屋外レストランに併設されたテント風のコテージで食事をした時に、沖縄の乾いた心地の良い海風に吹かれながらテント風のコテージでした食事が非常に印象に残っていた為でした。

その後、グランピングという言葉を2年前に初めて知り、豪華なテントでのキャンプというキーワードを聞いた時に真っ先に頭の中で思い浮かんだのが沖縄で経験したテント風のコテージでの食事風景だったのです。

従来のテントを張って行うキャンプでは小さなテントの中にきゅうくつに人が詰めて冒険気分を味わう醍醐味はあるものの、アラフォーの年齢に差し掛かりさすがにテントでの屋外生活はちょっと遠慮したい私としては、豪華なサファリスタイルのテントに宿泊出来るグランピングはまさにうってつけのリゾート地での過ごし方だと感じました。

おざ沖縄へ!

そして、実際に2016年の10月に友人たちと沖縄の屋我地島にあるグランピング施設に4泊5日で宿泊してきたのですが、人生で初めてとなった屋我地島のグランピングを通して私が感じたのは、「グランピングはかつての青春時代に感じたような適度なドキドキ感を楽しむ事が出来る」という点でした。

それは何かと言いますと、屋我地島でのグランピングにおいては非常に快適な大きな居住スペースのサファリテント内での生活をしている時にはとてもリラックス出来る一方で、テントから一歩外に出れば文字通りそこは大自然のど真ん中であり、そのような「ラグジュアリーな広いテント内の居住空間」から「いきなり大自然に放り出される」という感覚が今までに若い頃に体験した通常の狭いテントを使ったキャンプ生活では味わった事がない体験だったのです。

まとめ

この「贅沢と隣合わせの大自然」という妙な取り合わせを楽しむ事が出来るグランピングを初体験した私は、今ではキャンプなどのアウトドアに興味が無い友人や知人に「グランピングは普通のキャンプのような狭い、過ごしにくいといった不快感がほとんどないのに、大自然の中にいつでも繰り出せる」として、グランピングの素晴らしさを多くの人に知ってもらうよう、自分のグランピング体験談を話すようにしています。