手軽にアウトドアが楽しめるグランピング

前のページへ戻る

キャンプファイヤーで楽しむコーヒー

あたらしいアウトドアが流行の兆し!

近年続くアウトドアブームとはまた異なったブームが日本にやってきています。グランピングという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。グランピングとは、グラマラスとキャンピングを合わせた造語であり、直訳すると魅力的なキャンプという意味になります。アウトドア好きからすればキャンプすることがもともと魅力的だと言う人もいるかもしれません。

グランピングって?

グランピングとはどんなものかを簡単に説明すると、キャンプのメリットを残しつつ、デメリットも無くした新しいアウトドアスタイルのことを指します。具体的には、キャンプをすることで自然に触れ、開放的な気持ちになれるというメリットはありますが、キャンプ道具を用意しなくてはならなかったり、寝床が不安定であったり、お風呂がなかったりとデメリットも多くあります。そこで、キャンプ地に特別なテントなどを設置し、その中にベッドを置いたり、バスルームを置いたりとホテル並みの環境を整え、食事も準備して持ち込み不要にするなどして、手ぶらで高級なキャンプを楽しめることをグランピングと呼びます。

グランピング自体は以前から海外ではセレブを中心に楽しまれていたようですが、テレビ番組で取り上げられる事も増えたことから日本にはここ数年で一気に広まりました。本来の宿泊施設としてはもちろん、手軽に綺麗な施設で日帰りアウトドアが楽しめる施設が急激に増えてきたこともグランピングを普及させた要因とも言えるかもしれません。

東海にもグランピング施設が!

私は、名古屋市在住ですが、東海地方でもグランピングが楽しめる施設が近くに増えてきました。例えば三重県にある伊勢志摩エバーグレイズがあります。ここは、従来のオートキャンプ場の中に高級ホテルを思わせるようなグランピング施設があります。もちろん手ぶらで楽しむことができ、夕食の種類も選ぶことができます。

さらに、ホテルでお馴染みの星野リゾートが運営するグランピング施設もかなり人気があり、週末には予約がとれない状況が続いています。特に星のや富士は、日本で初めてできたグランピング施設ということでも注目を集め、富士山と河口湖を楽しめる最高のグランピング施設です。

ほんの一例ですが、東海地方近辺のグランピング施設を紹介しました。オートキャンプ場に比べると数はまだまだ多くはありません。話題となっている分、予約をとるにはなかなか難しい状況かもしれません。ただ、忙しい毎日により溜まったストレスを発散する為にはグランピングは最適なので是非とも多くの方に体験して頂きたいです。

編集部 担当デスク C